教育・社情GFLコース

グローバルフロンティアリーダー(GFL)育成コース

群馬大学では、グローバルフロンティアリーダー(GFL)の育成に力を入れています。グローバルフロンティアリーダーとは、国際理解を含む幅広い教養と、日本語・外国語による優れたコミュニケーション能力を持ち、国内外において主体的に活動できる人を指します。平成27年度から教育学部・社会情報学部が連携して「教育・社情グローバルフロンティアリーダー(GFL)育成コース」を設置し、グローバルフロンティアリーダーにふさわしい学生の育成に取り組んでいます。

社会情報学部のGFL育成コースでは、本学部の学際性を活かした「グローカル教育」を行います。「グローカル教育」とは、世界に学び、それを地域に展開する能力だけでなく、地域の中に学び、それをグローバルに展開する能力を持つ人材の養成を目的としています。1年次前期末に10名程度を選抜し、後期からコースを開始する予定です。

本コースの学修は以下2つからなっています。

  1. 関連分野(外国語、文化・コミュニケーション、国際、地域など)の授業の履修:社会情報学部・教育学部開講の専門科目、教養教育開講科目
  2. 各種行事への参加:交換留学、海外短期研修、サマーセミナー、インターナショナルキャンプ、留学生交流会、特別講義・講演会など

所定の単位を修得し、かつ各種行事への積極的な参加が認められた者には、卒業時にコース修了証書が授与されます。またコース所属学生は、授業料免除、留学派遣の経済的支援などの優遇措置を受けることができます。

本コースの具体的な内容、及び選抜スケジュールなどについては、前期中にガイダンスを実施しますので、コース所属を希望する学生は必ず出席するようにしてください。

詳細は以下をご覧ください。
GFLプログラムとは(平成30年7月11日更新)
教育・社情GFLコースとは
社情GFL募集ガイダンス配布資料
群馬大学グローバルフロンティアリーダー (GFL)

教育・社情GFLコースの概念図

社情GFL生の活動内容(一部)

推薦入試GFL特別枠について

平成31年度入試から、社会情報学部では推薦入試において「GFL特別枠」を設置します。詳細は群馬大学 入試案内ページおよび推薦入試募集要項をご確認ください。