TOEFLについて

1. TOEFL受験について

TOEFLテストは、英語を母国語としない人の英語力を測る試験です。米国の非営利教育団体The College BoardおよびThe Graduate Record Examinations Boardの委託で、米国・カナダの大学に留学を希望する外国人学生が大学での授業についていける英語力を有しているかを評価するため、1964年に米国非営利教育団体であるEducational Testing Service (ETS) が開発しました。

  • TOEFL iBT 試験内容 を実施
  • 「読む」「聞く」「話す」「書く」の4セクション構成
  • テストセンターで1人1台コンピュータが割り当てられ、全セクションコンピュータ上で受験 
  • 全セクションでメモをとること(Note-taking)が可能
  • Speakingセクションでは、マイクに向かって話し、音声が録音される
  • 同時に複数の技能を測定する問題(Integrated Task)がある(SpeakingセクションとWritingセクションのみ)
テスト所要時間
4-4.5時間
試験会場
各地域のテストセンター(群馬では太田に会場があります)
試験実施スケジュール
年間30~40回、土曜、日曜に試験日が設けられています。先着順で予約が入り、混雑する場合があるので早めに余裕をもって申し込んでください。
受験料
US$225(受験日の7日前まで)、US$260(受験日の3日前まで)
支払い方法
クレジットカード (VISA, Master, American Express, JCB, Discover)、国際郵便為替、送金小切手で支払う。

2. 受験手続について

Information and Registration Bulletin(受験要綱)を入手する。(TOEFL公式ホームページ、またはアール・プロメトリックのホームページからダウンロードできます。) 受験手続は、アール・プロメトリックに、オンライン・電話・郵送で行ってください。なお、オンラインで申し込む場合には、国際教育交換協議会(CIEE)のHPを参照のうえ、My Home Page(個人ページ)を作成する必要があります。My Home Pageでは、オンラインでテスト実施スケジュールの確認・申込からスコアの確認まで行うことができます。受験当日に必要な規定の身分証明書(パスポートなど)についても各自で確認し、所定の身分証明書が必要な場合は、事務で手続きをしてください。
スコアが確認できるまでに約10日、スコアシートが到着するまで約1カ月半かかりますので、選抜試験出願時にスコアシートが間に合うように早めに受験してください。 試験内容・受験申し込み方法・試験会場などについて、詳しくは以下のHPを参照してください。

TOEFLに関する問い合わせ

国際教育交換協議会(CIEE)
〒150-8355 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ギャラリーフロア
Tel:03-5467-5489(オペレーター対応 月~金10:30~16:30/音声ガイダンス案内 24時間)

TOEFL受験申し込み

アール・プロメトリック(株)
〒104-0033 東京都中央区新川1-21-2 茅場町タワービル15階
Tel:03-5541-4800(祝日を除く月~金 9:00~18:00)

交換留学に必要なTOEFLスコア

サンディエゴ州立大学: 申請時にTOEFL iBT で80点以上、TOEFL ITP(PBT)で550点以上。

スコア換算表(現在はiBTのみ実施)

■ 学部授業履修可 / ■ 制限付で学部授業履修可 / ■ 留学先への願書提出時に必要

iBTCBTPBT
100250600-603
98-99247597
96-97243590-593
94-95240587
92-93237580-583
90-91233577
88-89230570-573
86-87227567
84-85223563
83220557-560
81-82217553
79-80213550
77-78210547
76207540-537
74-75203537
72-73200533
71197527-530
69-70193523
68190520
66-67187517
65183513
64180507-51
62-63177503
61173500
59-60170497
58167493
57163487-490
56160483
54-55157480
53153477
52150470-473
51147467
49-50143463
48140460
47137457
45-46133450-453

3. TOEFLテスト ITPとは

TOEFLテスト ITP(Institutional Testing Program; 以下TOEFL ITP)とは、TOEFLテスト作成・運営元であるETSが提供するTOEFLテストの団体向けテストプログラムです。問題は、過去のペーパー版TOEFLテスト(TOEFL PBT)で出題されたものを再印刷して利用しており、スコアは公的なものではありませんが、TOEFLテストスコアと高い相関関係があります。 世界中の教育機関等で利用されており、グローバルスタンダードの英語テストとして団体独自の目的に合わせた利用が可能です。

  • 過去のペーパー版TOEFLテスト(TOEFL PBT)の問題をそのまま利用
  • スコアはTOEFLテストと高い相関関係にあります。
セクション解答時間問題数最低点最高点
Section1 (Listening Comprehension)約35分50問31点68点
Section2(Structure and Written Expression)約25分40問31点68点
Section3(Reading Comprehension)約55分50問31点67点
Total約155分140問310点677点

TOEFL ITP についてはこちらをご覧ください。 TOEFL ITPテスト専用Webサイト

群馬大学TOEFLテストITP実施について

毎年6月下旬~7月上旬に実施しています(受験料:3300円)。掲示に注意してください。

4. IELTSとは

イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの高等教育機関への留学の際にスコア提出を求められる英語力判定テストです。イギリスの University of Cambridge ESOL Examinations(Cambridge ESOL)、ブリティッシュ・カウンシル、IDP Education Australia: IELTS Australia が共同で管理・運営しています。
TOEFL と並ぶ代表的な留学生向け英語力判定テストとされます。イギリスやオーストラリア、ニュージーランドなど、 英国圏の国ではむしろこちらが主流です。

IELTSについてはこちらをご覧ください。 日本英語検定協会 IELTS

IELTSとTOEFLの換算表(目安)

IELTSとTOEFLは、その運営団体、試験形態の違いから公式な換算表はないようです。 その為に、各大学・専門学校によって、IELTSとTOEFLのスコア換算は若干異なっているので、ご注意下さい。

IETLSレベル説明TOEFL PBT / CBT 9.0
Expert Userネイティブ同様に英語を使いこなすことができる。670+/293+ 8.0
Very Good User時々不適切な表現もあるが、英語をほぼ完璧に使いこなし、複雑な討論もできる。650/280 7.0
Good User時々不適切な表現やミスもあるが、不自由なく英語を使いこなし、複雑な表現もできる。600/250 6.0
Competent User不適切な表現やミスもあるが、英語を効果的に使いこなし、多少の複雑な表現もできる。550/213 5.0
Modest User大体の意味を理解し、多少のぎこちなさはあるが、英語で基本的なコミュニケーションができる。500/173 4.0
Limited User使い慣れた基本的な英語表現のみを使える。英語のミスが頻繁にある。450/133

5. 参考書・留学ガイドブックなどの貸し出しについて

TOEFL試験対策の参考書、スロベニア語の参考書、オーストラリア留学のガイドブックなどを貸し出します。希望者は、GC棟1階の外国語図書室まで(図書館にもTOEFLの参考書があります)。

6. ALC NetAcademy NEXTについて

英語学習にALC NetAcademy NEXTを活用しましょう。

  1. ALC NetAcademy NEXTにアクセスします。
  2. 各自の全学認証アカウントユーザID、パスワード(各自で設定したパスワード)を入力してログインします。自宅からでもログイン可能です。