社会情報学ゼミ・ガイダンス資料 ― 理論社会学

(理論)社会学とは何か

…という話は、ゼミ紹介でしてあるので省略します。

伊藤の研究内容について

講義「社会学的コミュニケーション論」で触れていますが、ドイツの社会学者Habermasの社会理論を中心として、規範的社会理論・現代社会論について研究しています(最近は、G. Saadの進化論的消費社会論、U. Beckの個人化論、G. Ritzerのマクドナルド化論、H. Rosaの加速化理論、Social Capital〔社会関係資本〕論などにも興味を持っています)。

数年前から、ネット依存問題に注目した中高生のモバイル・インターネット問題の調査に関わっています。2013年頃から前橋市教育委員会と協力して,前橋市の小中学生ならびにその保護者にアンケート調査をしています。

授業内容について

ゼミは基本的に参加者のやりたいことをやるべきだと思っています。前期は、社会学の入門的なテキストの輪読、後期は、各参加者の興味に応じたテキストを読み、ときどき個別の参加者の研究報告を入れることにしたいと思います。特に後期には、ある程度読みごたえのあるテキストを用いたいと思います。

ブックガイド

比較的読みやすい(多分)ものを集めてみました。こういう本に興味があるのなら、伊藤ゼミに向いているのかもしれません。

■社会学全般に関するもの

■社会学の古典

■文化/教育

■ナショナリズム/権力

■家族/結婚

■ジェンダー

■情報社会論


ホームに戻る