社会人のためのデータ解析

企業・産業分析コース

プログラムの概要

企業・産業分析コースは、①統計学および社会調査法の基礎に関する講義、②現代的な企業・産業に関する講義と演習(アクティブラーニング)によって構成され、問題解決のためのデータ解析の基礎的能力を習得するだけでなく、現代的な企業・産業に関する知見を得ることができます。

カリキュラムと修了要件

本プログラムは下表に掲げた6科目から構成されています。履修期間は原則として1年間です。プログラムを修了するためには、必修科目3科目の履修に加え、自由選択科目1科目を履修する必要があります(計69時間)。なお、社会人の方が学びやすいように、本プログラムでは全ての科目を平日の夜間または休日(土曜日・日曜日)に開講します。詳しい日程については各科目の講義概要をご覧ください。

科目名 時間数 開講時期 種別
先端応用情報学特講A・B 90分×15回 (9日間) 2020年10月~12月 必修
Rで学ぶ統計学の基礎 90分×8回 (2日間) 2020年11月 必修
企業・産業分析スキル特論 90分×15回 (9日間) 2021年6月~7月 開講予定 必修
調査技法特論Ⅰ 90分×8回 (2日間) 2020年10月 自由選択
調査技法特論Ⅱ 90分×8回 (2日間) 2020年12月 自由選択
Rによる統計分析入門 90分×8回 (2日間) 2021年2月 自由選択

※ 科目名をクリックすると講義概要が表示されます。

ページトップへ